店舗デザインの重要性

飲食店を経営する場合、お店の顔って、何でしょうか?料理やサービスの内容、それにスタッフもそうですが、忘れてはいけないのがお店のデザインです。勿論、外観もそうですが、店内の間取りや内装といったものも含めた、トータルなお店のデザインは、そのお店のキャラクターを表すといってもいいような存在です。それは、小規模な飲食店でも同じです。今回は、そんな店舗のデザインについて見ていきます。

〇店舗のデザインが表すものは?

 まず、店舗のデザインが表すもの、見る人に伝わる内容について考えていきます。

 先程も書いた通り、店舗のデザインとは、単に外観だけでなく、室内の間取りや配置、それに内装や照明、装飾的な要素のあるものも含めたトータルなものですが、店舗のデザインによって、お店に来られた方、通りがかりで見る方は次のようなことをイメージされます。

 ・お店のコンセプトや雰囲気

 ・料理や飲み物等、サービスの内容

 ・メインとなる客層

 ・値段

 どうでしょうか、お店のデザインは、実に色々なものを表現していますから、来客数や満足度に大きな影響があるものなのです。

〇店舗のデザインで目指すものは?

 では、店舗のデザインを考える際には、どんなことを目指していくのか、改めて見ていきたいと思いますが、次のような状態を目指して店舗のデザインは進められるべきです。

 ・入店のしやすさ、入ってみようという気分にさせること。

 ・料理など提供するサービスが、より質の高いものに感じてもらえるような仕組み、雰囲気。

 ・お店のコンセプトに合った居心地の良さ。

 これらが揃って、はじめて店舗デザインが成功したと言えるのです。

〇店舗のデザインでやってはいけないことは?

 逆に店舗のデザインで、やってはいけないこと、NGなことについても挙げておきます。

 ・流行を追いすぎる。

 ・奇をてらっていることがわかってしまう。

 ・周囲の環境やお店のコンセプト、サービスの内容と調和していない。

 ・デザインを優先しすぎて、伝えなければいけないことが伝わらない、使い勝手が悪くなっている。

 いわば、自己満足に終わってしまうようなデザインの店舗は、入店しづらいばかりか、居心地も悪く、提供する料理等サービスの質に対するイメージも下げることになってしまいます。

今回は、小規模な飲食店でも大切な店舗のデザインについて見て来ました。夢だった飲食店の開業に向けて大切な店舗のデザインは、ただ単に流行の先端を行っているとか、お洒落な雰囲気だというだけではダメです。それぞれのお店のコンセプトや提供するサービスの内容等に合ったものとする必要があります。

私達、DecxT BOXは、1つ1つのお店それぞれにあった、そして1人1人のオーナー様の想いを表現するような、そんなお店造りを目指しています。小規模な飲食店でも、文字通り、完全オーダーメイドで、どこまでも寄り添いながら開業を応援させたいただくDecxT BOXで、一度、夢を語ってみませんか。

この記事を書いた人

takedajun